エキサイティング トランスフォーマー!

トランスフォーマーのおもちゃを紹介するblog

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ターボマスター&ラヴィッジ(BOTCON2010)

ターボマスター&ラヴィッジ01
まだBOTCON2010関連だけでも半分も紹介できてないなぁ…。

今回のレビューはBOTCON2010・ターボマスター&ラヴィッジ(TURBOMASTER & RAVAGE)です。


ターボマスター&ラヴィッジ02
変形!ヘンケイ!ハウンドの彩色変更品で、モチーフになったのはG1末期の
ヨーロッパ展開で発売されたターボマスター・スコーチ(SCORCH)。
(日本国内では「合体大作戦」時にロード軍団の一員ファイヤーロードとして発売)
今回は諸事情によって名称が使えなかったのか、サブグループ名である「ターボマスター」が
そのまま個体名として使われています。

なお、アクションマスターエリートにも垂直離着陸機に変形する同名のディセプティコン兵士
ターボマスター」が存在しますが、もちろん関連性はありません。
同じアクションマスターエリートであるダブルパンチとセット販売されたのは単なる偶然?(笑)

ターボマスター&ラヴィッジ03
武器

スコーチをはじめとするターボマスターはタービン状のミサイル発射装置を持つサブグループだったので
せめてミサイル発射ギミックがあればよかったんですが…^^;

ターボマスター&ラヴィッジ04
ビークルモード

旧玩具版を踏襲したボンネット部分のファイヤーパターンが特徴的。
黄色い4WDということでスィンドルっぽくも見えます。

ターボマスター&ラヴィッジ05
ターボマスター&ラヴィッジ06
変形!ヘンケイ!ハウンドと。
ミリタリー系カラーリングのハウンドに対し、ターボマスターはスポーツ仕様って感じ?

TFにおいては「色が違えば別人」という言葉がよく使われるのですが、こと今回に関しては
やはりどうしても黄色いハウンドにしか見えないというのが個人的にちょっと残念ポイントです。
裏返せばそれだけヘンケイ!版ハウンドがキャラクター性をよく再現出来ているという事ですが…。

頭部デザインやビークルの雰囲気だけならギャラクシーフォース・ファストエイドの方が
スコーチに似ている気もしますが、この型は前年度のカップで使っちゃってるからなぁ。

ターボマスター&ラヴィッジ07
ターボマスターのリーダー・サンダークラッシュと。
次はジェネレーションズ・ブラーのリデコでボスあたりを出して欲しい…。

ターボマスター&ラヴィッジ08
シャッタードグラス・ラヴィッジ

BOTCON2008限定トイの世界観である「シャッタードグラス」仕様のラヴィッジ。
白と水色のさわやかなカラーリングに変更されています。

ターボマスター&ラヴィッジ09
背中のエンブレムもSGディセプティコンのものに。

ターボマスター&ラヴィッジ09_2
ハウンド&ジャガーと同じく、ターボマスターの荷台部分にSGラヴィッジを乗せる事ができます。

ターボマスター&ラヴィッジ10
並行世界の本人たち同士

SG組は同じ白系のカラーリングで実に好相性。

ターボマスター&ラヴィッジ11
ターボマスター&ラヴィッジ12
「キスぷれカセットロン」グリットと。
もともとSGラヴィッジはグリットのビジュアルを流用したキャラクターでしたが
BOTCON2010で晴れて独立したトイとして製品化されました。

ターボマスター&ラヴィッジ13
付属カード

バイオの記述によると「ターボマスター」というのはニックネームらしく、BOTCON2010コミック内では
普通にスコーチの名で呼ばれています。元々G1のキャラクターなのでフォレストナイトによる
パワーアップはせず、ずっとこの姿のまま。

SGラヴィッジのカードは付属せず、twitterで画像のみ公開されています。→画像
関連記事
スポンサーサイト



tag : トランスフォーマー サイバトロン オートボット デストロン ディセプティコン Generation1 timelines ボットコン シャッタードグラス
BOTCON2010 | 22:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT