エキサイティング トランスフォーマー!

トランスフォーマーのおもちゃを紹介するblog

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パンチ/カウンターパンチ(TFCC)

パンチ/カウンターパンチ01
TFCCから2010年度の限定トイが到着。さっそくレビューしていきます。
まずは「Transformers Timelines」パンチ/カウンターパンチ(Punch/Counterpunch)をご紹介。


パンチ/カウンターパンチ02
パンチ/カウンターパンチ03
(上:パンチ、下:カウンターパンチ)

「変形!ヘンケイ!トランスフォーマー」ランボル(サンストリーカー・アラート)の仕様変更品。
G1シリーズの同名キャラクター(国内名:ダブルスパイ)をモチーフとしたリメイク品です。
上半身がリバーシブルになっているランボル・サンストリーカー型の特徴を生かし
オートボットのスパイ戦士・パンチ(国内名:スペースパンチ)から
ディセプティコン兵士に偽装したカウンターパンチへ変身する能力を再現しています。

アニメ「ザ☆ヘッドマスターズ」ではその変身能力を使ってスパイとして活躍。
デストロン基地に度々潜入して情報をフォートレスの元へ持ち帰ったり、
クロームドーム達にガルバトロンの弱点を教えて勝利に貢献するなどの活躍を見せています。
一方海外版のG1シリーズアニメ「ザ・リバース」にも登場していますが、こちらでは
プラズマエネルギーを奪うためサイバトロン基地に侵入したウイングスパンパウンスの二人に
カウンターパンチの姿で近づいて探りを入れようとしますが相手にされず、パンチに戻って応戦するも
簡単にあしらわれるという程度の見せ場しかありませんでした。

パンチ/カウンターパンチ04
パンチ/カウンターパンチ05
頭部アップ

ボディに対して顔が多少小さめですが、作り自体は悪くない感じ。
パンチの顔は旧トイやアニメ「ザ☆ヘッドマスターズ」ではコンボイ等と同じマスクタイプでしたが
「ザ・リバース」版準拠なのか、口のあるヒューマノイドタイプに造型されています。

パンチ/カウンターパンチ06
頭部側面

ヘルメットが前後に可動することでパンチ・カウンターパンチの顔切り替えを再現しています。
これも旧トイを踏襲したギミック。

パンチ/カウンターパンチ07
手首はランボルやサンストリーカーなどから改修はされておらず、裏返して変身させる都合上
親指の位置に違和感が出てしまうのが難点です。どうしても気になる場合は面倒ですが
いったん拳を外して左右入れ替えてみてもいいかも知れません。

パンチ/カウンターパンチ08
パンチ/カウンターパンチ09
武器

パンチは二股の方を、カウンターパンチは本来の銃身の方を前にして構えます。

パンチ/カウンターパンチ10
説明書ではロケットブースターを武器にかぶせるよう指示されていますが
固定が甘くすぐ外れてしまうので、背中に付けておいた方が安心。
ちょうど背中のエンブレムを隠すことができるので、スパイとしてはこの方が理にかなってる?

パンチ/カウンターパンチ11
ビークルモード

青い車体と赤いホイールの色が再現性高し。
暑さのせいでエンブレムが常に浮き出た状態になっているのがちょっと気になりますが…。

パンチ/カウンターパンチ12
ロケットブースターを外した状態。
G1パンチ/カウンターパンチにより近い感じに。

パンチ/カウンターパンチ13
同型たち。
この他にもBOTCON2010ブレークダウンやジェネレーションズ・レッドアラートなど
バリエーションがだいぶ増えてきました。

パンチ/カウンターパンチ14
「今日はソーラー発電所を襲うぞ!」
「リョウカイ」

パンチ/カウンターパンチ15
「…だそうです、コンボイ司令官」
「よし、サイバトロン戦士出動だ!」

パンチ/カウンターパンチ16
付属カード

BOTCON限定品と同じフォーマットのデザイン。
カードイラストは旧トイのパッケージに描かれたイラストの図版を意識したものになっています。
関連記事
スポンサーサイト



tag : トランスフォーマー timelines サイバトロン オートボット デストロン ディセプティコン Generation1 ザ☆ヘッドマスターズ ダブルスパイ
TFCC | 03:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT