エキサイティング トランスフォーマー!

トランスフォーマーのおもちゃを紹介するblog

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ターボトラックス(BOTCON2012)

SGトラックス01
今回はBOTCON2012・ターボトラックス(TURBO TRACKS)をご紹介。


SGトラックス02
BOTCON2012・BOXセットとして発売。
オートボットとディセプティコンの善悪が逆転した「シャッタードグラス」世界におけるトラックスです。

カラーリングの元ネタになったのは、e-hobby限定品・復刻版コレクターズエディションとして
発売された陸空戦闘員ロードレイジ。G1ロードレイジはトラックスと同型のボディを持つ別人ですが
SG世界においてはほぼそのままSGトラックスのカラーリングとして採用されました。

SGトラックス03
頭部アップ

ロードレイジの配色を再現しているため、トラックスの特徴的な赤い顔ではなく普通の銀色に。
背中のCジョイントにはミサイルを二本装備しています。

SGトラックス04
武器

折りたたみ式の銃を装備。
Cジョイントに対応しており、ミサイルの代わりに背中に装着することも可能。

SGトラックス05
SGトラックス06
細部に至るまでロードレイジの配色やデザインパターンを忠実に再現。

SGトラックス07
ビークルモード

ファイヤーパターンのデザインもやはりロードレイジのものをそのまま踏襲しています。

SGトラックス08
ビークルフライトモード

SGトラックス09
SGトラックス10
SGトラックス11
ユナイテッド・オートボットトラックスと

ファイヤーパターンのデザインはRTSよりもユナイテッド版の方がG1に近いため
並べても絵になります。

SGトラックス12
「おッ、イイ感じの車発見!」

SGトラックス13
「ねえねえ、そこのステキなお嬢さ…」

SGトラックス14
「すみません、人違いでした」
「ちょぉっとなァにそれェ~! ゼツボー的に失礼なんですけどぉ~! もう、どォんだけェ~!?」

SGトラックス15
付属カード

G1トラックスと同様、あるいはそれ以上のナルシストで仲間にもウンザリされているという
SG世界においても大きな性格の変化がないキャラクターの代表選手的な存在です。
コミックではクラシック世界のトラックスとニアミスしかけていますが、本格的に対峙する前に
トラックスがSGウルトラマグナスに斬り伏せられてしまったので同キャラ対決はならず。
関連記事
スポンサーサイト



tag : トランスフォーマー サイバトロン オートボット timelines ボットコン シャッタードグラス
BOTCON2012 | 02:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT