エキサイティング トランスフォーマー!

トランスフォーマーのおもちゃを紹介するblog

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tag :
スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オプティマスプライム(BOTCON2012)

SGレーザーオプティマスプライム01
今回はBOTCON2012・オプティマスプライム(OPTIMUS PRIME)をレビュー。


SGレーザーオプティマスプライム02
BOTCON2012の会場限定品としてキックオーバーとの二体セットで販売。
BOTCON2008で発売されたSGオプティマスプライムのモデルチェンジ版とでもいうべき姿であり
旧バージョンをほぼそのまま踏襲したカラーリングが施されています。

人気シリーズとなった「シャッタードグラス」は2008年のスタート以来現在まで何らかの形で
限定トイが発売され続けていますが初期のリリースアイテム、特にSGオプティマスは
ネットオークションなど二次流通での取引価格が大幅に高騰しており、後発のファンにとっては
主軸となる両軍リーダーが揃えづらいという状態になりつつあります。かといって
限定品として発売されたものをそのまま再販するというのも現実的ではないため
前年度のSGガルバトロン同様リニューアルVer.とすることで改めて入手できる機会を作るという
狙いがあったのかも知れません。
(SGウルトラマグナスをこの型で出すからそのついでに、という面もあるでしょうが)

SGレーザーオプティマスプライム03
バストアップ

頭部デザインはリカラー元であるユナイテッド・レーザーオプティマスプライムのまま。
コンボイ系の顔としては比較的鋭角なラインが目立つレーザーオプティマスの顔は悪役に向いているようで
BOTCON2008版の時よりもワルそうに見えます。
胸のフロントガラスには旧バージョン同様、ヒビのプリントが。

SGレーザーオプティマスプライム04
武器

『Gメタル』と呼ばれる謎の物質でできた剣を装備。
『ザ☆ヘッドマスターズ』では、スコルポノックがフォートレスマキシマスのマスターソードに
対抗すべく作った盾・ザラックシールドにこれと同じ名前の金属を使用しています。

SGレーザーオプティマスプライム05
SGレーザーオプティマスプライム06
もはやSGオプティマスプライムの代名詞ともいえるダメージ塗装が今回も全身に施されています。
ボディを新調したはずなのに既にボロボロになっているのは、細かい外装のメンテナンス(身だしなみ)に
それほど気を使わない性格なのかも?

SGレーザーオプティマスプライム07
ビークルモード

ノーズ部分の激しい塗装剥がれ表現と、所々わずかにかすれているオートボットエンブレムが目を引きます。

SGレーザーオプティマスプライム08
トップ部分にはRTS等と同じタイプのシークレットエンブレムが貼り付けられています。

SGレーザーオプティマスプライム10
SGレーザーオプティマスプライム09
旧バージョンのBOTCON2008版SGオプティマスには、ビークルモードのウインドバン部分に
「'TIL ALL ARE GONE!(すべて破壊せよ)」というスローガン(?)的なものが書かれていましたが
今回もノーズ側面に「I SHALL STAND...(私は生き残る)」「...THE REST SHALL FALL(他は全て倒れる)」と
書かれています。これは「トランスフォーマー・ザ・ムービー」において、コンボイが
地球のサイバトロンシティでメガトロンと対峙した時の台詞である
「One shall stand, one shall fall(どちらかが生き残り、どちらかが倒れる)」が元ネタ。
日本語版では「私が死ぬか、お前が死ぬかだ、メガトロン」という台詞になっています。

SGレーザーオプティマスプライム11
SGレーザーオプティマスプライム12
BOTCON2008・SGオプティマスプライムと比較

ロボット・ビークルモード共に配色を忠実に踏襲しています。
転生に伴ってサイズがボイジャーからデラックスへと小さくなってしまったため
迫力はややダウンか。

SGレーザーオプティマスプライム13
SGレーザーオプティマスプライム14
ユナイテッド・レーザーオプティマスプライムと

SGレーザーオプティマスプライム15
SGガルバトロンと対決

やや大きめだったSGメガトロンがガルバトロンに転生し2008版SGオプティマスと
同等の体格になったのも束の間、翌年にはSGオプティマスが更に縮むという事態に。
ウチでは2008版SGオプティマスが引き続きSGオートボットリーダーなので別にいいけどね^^

SGレーザーオプティマスプライム16
付属カード

役割は引き続き「Emperor of Destruction(破壊大帝)」。
マートニアン・セクター17の戦闘で破壊寸前のダメージを受け、部下に見捨てられながらも
何とかCRチェンバーに辿り着き、修理とアップグレードを経てこの姿に。
基地へ戻って見捨てた部下を処刑しつつ再びリーダーに返り咲いたとされています。
この地名はG1世界にも登場し、コンボイ・ミサイルトレーラーがメガトロンとの一騎打ちで敗れた際に
G2バトルコンボイへアップグレードした場所でもあります。言うまでもなく今エピソードの元ネタですが
更にG1メガトロンがガルバトロンへ転生したエピソードのニュアンスも多少含まれているかも。

コミックでの出番はびっくりするほど少なく、SGウルトラマグナスとの通信で上半身の映像が
数コマ描かれた程度。(ただし回想シーンには旧バージョンの姿も登場)
SGウルトラマグナスがメインのお話だったのでそれもやむなしですが、今後のシリーズで
本格的な活躍シーンが描かれると思われます。
関連記事
スポンサーサイト

tag : トランスフォーマー サイバトロン オートボット timelines ボットコン シャッタードグラス
BOTCON2012 | 10:02 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは ブラックバーンさん
オプティマスプライム(BOTCON2012)のレビューお疲れ様です。
このSGオプティマスが私もようやく入手することができました。
このリニューアルVerは前のSGオプティマスを持ってない人には本当にありがたいものでしたね~
設定も元のG2オプティマスの設定を踏襲しているのも興味深いですね!
悪コンボイとして体に刻まれてる傷や台詞もG1の台詞が元だというのもまた前のSGオプティマスから受け継がれてカッコいいです。
とても満足いく逸品だと思いますね
ではまた!

| Fネガ | 2012/11/14 12:32 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://excitingtf.blog35.fc2.com/tb.php/147-7ed35b45

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。