エキサイティング トランスフォーマー!

トランスフォーマーのおもちゃを紹介するblog

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

エキサイティング トランスフォーマー!#2

シャッタードグラス01
「プロール。"彼ら"は何処に?」
「ゲストルームへお通ししています」
「よし、今から会おう」


シャッタードグラス02
「その、少し面食らわれるかも知れませんが…」
「ハハハ、彼らは平和的な対話を求めて来てくれたのだ。何も驚くことなど無いよ」

シャッタードグラス03
「それじゃお近づきの印にごっきげんなナンバーを一曲!ぁワン、ツー、スリー、フォー!」
「ヒュー!ノレるねェおたく!もうサイコー!イェー!」

シャッタードグラス04
「いい加減にせい、このイカレサウンドども!少しはボリュームを下げんかッ!」
「わかってないですねェ~。音楽こそ宇宙の共通言語!文化交流の一環ってヤツなんだぜ」
「そうそう。クールにいこうよ、クールに!」

シャッタードグラス05
「ぬうぅ…司令官からも何とか言ってやってください!騒々しいのは一人で充分ですわい!」
「まあそう言うな、チャー。さっそく仲良くしているようで何よりだ」

シャッタードグラス06
「お騒がせしてしまい申し訳ありません、コンボイ司令官閣下。
ディセプティコン使節団の代表として参りました、スタースクリームと申します」
「スタ…? いや、失礼。よろしく」

シャッタードグラス07
「一応説明しておきますとですね、彼らは我々が便宜上『ミラーバース』と呼んでいる
異次元世界の一つからこの世界へやってきた、いわばパラレルワールドの住人というわけです。
彼らの世界と我々の世界は次元分岐の段階において奇妙な類似性を示しており…」

シャッタードグラス08
「わかった、パーセプター。その話はまた今度ゆっくり聞くとしよう。
スタースクリーム、君たちがこの世界へやってきた事情はこちらもだいたい理解している」

シャッタードグラス08_2
「話が早く助かります。我々ディセプティコンオートボットの多次元侵略に対抗するため
サイバトロンの皆さんにも力を貸して頂きたいのです。我々の世界の争いごとに
あなた方を巻き込む形になってしまい、心苦しくは思いますが…」

シャッタードグラス09
「気にすることはない。住む世界こそ違えど、平和に対する想いは君たちと一緒だ。
我々サイバトロンは君たちへの協力を惜しまないよ」
「ありがとうございます、コンボイ司令官。我らがリーダー・メガトロンもお喜びになる事でしょう」

シャッタードグラス10
「それにしても、アンタがあのスタースクリームだなんて大したジョークだよ」
「ほーんと。善悪が正反対の"鏡写しの世界"なんて最初は信じられなかったけど、おたくを見たら、ねぇ」
「ふむ…。どうやら"こちらの世界"の私は何かと人気者のようだね」

一方その頃、デストロン基地では―

シャッタードグラス11
「へぇっくしょん!」

シャッタードグラス12
「チッ、誰かが噂してるらしいな。俺のセンサーに反応してやがる」

「おい、知ってるか?地球には『夏風邪はバカがひく』って言葉があるらしいぜ」
「本当かよ、だったらそれが正しいって事がたった今証明された訳だ」
「ヘッヘッ、違いねぇ」

シャッタードグラス13
「メガトロン様。"客人"ガ今到着シタ」
「ここへ通せ、サウンドウェーブ」

シャッタードグラス14
「リョウカイ」
関連記事
スポンサーサイト



tag : トランスフォーマー サイバトロン オートボット Generation1 デストロン ディセプティコン シャッタードグラス
エキサイティング トランスフォーマー! | 06:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT