エキサイティング トランスフォーマー!

トランスフォーマーのおもちゃを紹介するblog

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アストロトレイン(TFCC)

アストロトレイン_01
今回はTFCC2007限定・アストロトレイン(ASTROTRAIN)を紹介。


アストロトレイン_02
TFCCの2007年度限定販売品で、「トランスフォーマー マイクロン伝説」ジェットファイヤーの仕様変更品。
カラーリングや主翼の幾何学的なパターン等はTransformers Universeで発売が検討されていた
スペースワープ」の意匠を再現しており、一度は没になったネタの再利用的な側面を持っています。

玩具オリジナルの設定としてはユニクロン・トリロジーの世界におけるアストロトレインという立ち位置ですが
その後トイデザインがシャッタード・グラス版アストロトレインとしても使用されているため
胸のエンブレムは例によって「Captured Prey」製SGディセプティコンシール貼付済です。

アストロトレイン_03
頭部

ギョロ目が特徴的ですが、G1アストロトレインの特徴をよく掴んだヘルメットの造形がいい感じ。

アストロトレイン_04
武器

「アイオニックブラスター」と呼ばれる大型銃。
BOTCON・TFCC限定品としては珍しくライト&サウンドギミックが残されており、スイッチとなる尾翼を押すことで
パワーリンクス・ジェットファイヤーと同様のサウンドが流れます。

アストロトレイン_05


中央の四角い窓状の部分にあったオートボットエンブレムのモールドが削除されています。

アストロトレイン_06
ビークルモード

G1アストロトレインと同じくスペースシャトルに変形。G1アニメではシャトルモードに変形する際
他の仲間たち大勢を乗せられるくらいのサイズにまで巨大化していたので、これくらい大きい方が
アストロトレインらしくはあります。

胴体部分にでかでかと描かれたディセプティコンエンブレムが目をひきますが
SGアストロトレインとして扱うには主張が激しすぎるのがやや難点。
まあ、その辺は脳内補正あるいは脳内設定でどうとでも…。

アストロトレイン_07
アストロトレイン_08
主翼のミニコンジョイントにミニコンをセットすると、裏側に懸架しているミサイルを
下に落とすことができます。スプリングギミックのようにまっすぐ飛ぶような仕掛けはありません。

アストロトレイン_09
上部ハッチを開閉可能。

アストロトレイン_10
アストロトレイン_11
パートナーミニコン・スターキャッチャー(STARCATCHER)

マイクロン伝説・ジェットファイヤーのパートナー、ソナー(海外名称:コメッター)のリカラーで月面探査車に変形。
SG設定ではSGファストトラック(元ネタはG1メガザラックに付属する小型TF・ファストトラック)

アストロトレイン_12
アストロトレイン_13
スターキャッチャーは変形してアストロトレインの機首に合体し、ランディングギアになります。

アストロトレイン_14
アストロトレイン_15
アストロライン(ASTRO-LINE)

「TRANSFORMERS CYBERTRON」ジャイアントプラネットミニコン・オーバーキャストのリカラー。
SG設定ではSGテイルウインド(元ネタはマイクロマスター・テイルウインド)

アストロトレイン_16
アストロトレイン_17
アストロフック(ASTRO-HOOK)

ジャイアントプラネットミニコン・ロングアームのリカラー。
SG設定ではSGストーンクランチャー
(元ネタはマイクロマスターコンバイナー・ストーンクランチャーエクスカベイター)

アストロトレイン_18
アストロトレイン_19
アストロシンカー(ASTRO-SINKER)

ジャイアントプラネットミニコン・ディープダイブのリカラー。
SG設定ではSGサブマローダー(元ネタはプリテンダー・サブマローダー)

なお、ライン(釣糸)・フック(釣針)・シンカー(重り)という名称の元ネタは
マーベルコミックに登場した同名のユニクロン配下から来ています。

アストロトレイン_20
以上、付属のミニコン3体を合体させた状態。
3体ともアストロトレインと同じ配色なので統一感は言う事なし。
アストロラインには大きすぎるミサイルが、合体して丁度良いアクセントになっています。

アストロトレイン_21
「変形!ヘンケイ!」アストロトレインと

総合的に見ると新規にデザインされたヘンケイ版の方がG1アストロトレインのイメージに近いですが
コミックでのアストロトレインはロボットモードでも巨大に描かれることもあるため
TFCC版の特大サイズも捨てがたいものがあります。

アストロトレイン_22
SGディセプティコンの仲間達

SGサイドスワイプもUniverseで発売予定がありながら没になったドレンチを元ネタにしており
TFCCアストロトレインとの共通点を持っています。

アストロトレイン_23
当然ながら合体ジョイントは生きているため、アルマダコンボイとの合体も可能。

アストロトレイン_24
付属カード

CYBERTRONの世界でディセプティコンの輸送任務に従事していたものの、その役割に嫌気がさし
部下のミニコン達と共に賞金稼ぎとなったという設定。TFCC会員向けコンテンツの小説
「The Dark Heart of Sandokan」にも登場しています。
関連記事
スポンサーサイト



tag : トランスフォーマー デストロン ディセプティコン timelines CYBERTRON シャッタードグラス
TFCC | 02:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT