エキサイティング トランスフォーマー!

トランスフォーマーのおもちゃを紹介するblog

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ハッファー(BOTCON2007)

ハッファー01
トランスフォーマー・リベンジ」のトイ発売解禁でちょっとしたお祭り状態ですが
私はあんまり興味が無いのでいつも通りマイペースで。

というわけで今回はBOTCON2007「Games of Deception」から
ハッファー(HUFFER)です。
(2010/06/19 再録)


ハッファー02
「Transformers Cybertron」アーマーハイド(国内未発売)のリカラー。
スプリンガー(エクシゲイザーのリカラー)とのセットでBOTCON2007会場限定販売品として発売。

もともとCYBERTRONアーマーハイド自体がG1ハッファー(国内名:ドラッグ)にそっくりでしたが
カラーリング変更によりまさにハッファーのイメージそのものの姿に。

ハッファー03
武器を装備

ハッファー04
ハッファー05
背中のスロットにサイバーキーを差し込むと胸のハッチが開き、ミサイルポッドが出現。
見た目のインパクトが強く、シンプルながら面白いギミックです。

ハッファー06
ビークルモード。
色的にはむしろオリジナルのアーマーハイドよりしっくり来てるような^^;
側面には「CYBERTRON WRECKER SERVICE」というロゴが書き込まれています。

ハッファー07
サイバーキーはクレーン基部に設置されたポケットに装着可能。

ハッファー08
CYBERTRONアーマーハイドと。
こちらも青いボディがG1ミニボットパイプスに見えなくもないです。


ハッファー09
一般的なサイバトロン戦士と比較。
ミニボットとしては大き過ぎず小さ過ぎず、丁度いい大きさ?

ハッファー10
付属カード

技術者だけあって技能のポイントが高め。
BOTCONコミックでは冒頭チラっと出てきたくらいで活躍の機会はほとんどありませんでした。
関連記事
スポンサーサイト



tag : トランスフォーマー Generation1 ボットコン サイバトロン オートボット timelines ミニボット
BOTCON2007 | 00:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT