エキサイティング トランスフォーマー!

トランスフォーマーのおもちゃを紹介するblog

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tag :
スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オートボットドリフト(ユナイテッド)

オートボットドリフト01
明けましておめでとうございます。
今年もエキサイティングトランスフォーマー!を宜しくお願い致します。

2011年最初のレビューは特に干支ネタとかもなく
スタンダードにユナイテッド・オートボットドリフトをご紹介。


オートボットドリフト02
「CLASSIC」「UNIVERSE(2.0)」の後継シリーズとして位置付けられている
「TRANSFORMERS GENERATIONS」ラインナップでリリースされたドリフト(DRIFT)の国内導入版。

パッケージ裏側にも記載されている通り、かつてドリフトはディセプティコンの一員であり
(その時の名称は「デッドロック」)オートボットへの破壊活動を行っていましたが
ある日仲間割れの末に脱走、とある惑星へ迷い込んだ際に中立のサイバートロニアン・ウイング
出会い、彼との交流から紆余曲折を経てオートボット戦士としての道を歩むことになります。

キャラクターとしての初出はIDWコミック「ALL HAIL MEGATRON(オールハイルメガトロン)」。
同じユナイテッドシリーズのストラクサス同様アメコミ出身のキャラクターですが
キャラクターデザイン発表当初から玩具化も視野に入れているとされる話がハスブロから出ており
GENERATIONSにてようやくそれが実現した形となっています。

オートボットドリフト03
両腰アーマーに脇差を二本装備。
もちろん抜いて手に持たせることができます。

オートボットドリフト04
背中に背負った大刀(Great Sword)。
戦死したウイングの形見としてダイアトラスから託された物で、所有者のスパークに呼応して
力を発揮するとの事。刀身には「天下無双」という銘が彫られています。

オートボットドリフト05
オートボットドリフト06
大刀は腰アーマー内の折り畳んだサイドガラス部分に挟み、腰に挿す形で
収納することができます。想定されたギミックではないと思いますが、見栄えとしては良い感じ。

オートボットドリフト07
GENERATIONS・ドリフトからもう一本借りてきて二刀流。

オートボットドリフト08
ビークルモード

「ドリフト」の名の通り、ドリフト競技用カスタムカー(ドリ車)を思わせるシルエット。
ドリフトは日本で盛んに行われている競技であるため、それを踏まえてか
旭日旗を思わせる紅白のデザインパターンが施されています。

オートボットドリフト09
側面にはわかりやすく「侍」のマーキングが。

オートボットドリフト10
オートボットドリフト11
GENERATIONS版と比較
(左:ユナイテッド 右:GENERATIONS)

配色に大きな違いはありませんが、細かい塗装が増えたのとベースの白成型色が明るくなった事で
IDWコミック版のイメージにより近付けられています。三本の剣が軟質素材製なのは
国内・海外版共に同じ。

オートボットドリフト12
オートボットドリフト13
ROTFロックダウンと

ドリフトの過去を描いたコミック「トランスフォーマー・ドリフト」ではメガトロンの依頼を受けて
デッドロック(ドリフト)を連れ戻す役としてG1ロックダウンと言うべきキャラクターが登場しています。
外見もROTF版をベースにしているため(細部は異なる)、玩具でライバル対決の実現が可能。

オートボットドリフト14
そしてこっちも外せない剣豪の対決
関連記事
スポンサーサイト

tag : トランスフォーマー サイバトロン オートボット Generation1 オールハイルメガトロン
ユナイテッド | 06:37 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

今年もよろしくお願いします

アメコミの情報は聞きかじった程度しか知らないので詳しく書いてくれてありがたいです
彼の侍趣味はウイング(マルチ戦隊とは別人?)の影響なんですかね?
でもまさかあの天下無双剣にそんな設定があったとは…

日本版はロボットモードの上半身に塗装が増えていいアクセントになってますね
赤いペイントの色味は海外版の方が好きかも

G1に逆輸入されたロックダウンもかっこいいですね。リベンジのリデコとかで出ないかなぁ

| さすりゅ~ | 2011/01/09 14:45 | URL |

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

ドリフトと言い、ダークマウントと言い最近は海外コミック産まれキャラが製品化されてますね。
長刀がドリフトの物ではなく戦死者の遺品でしたか、じゃあ元々は二刀流だったのか?

来月に出るブラーを見るとドリフトの接近戦仕様が遠距離戦仕様になったとしか(ブラーにしてはイケメンすぎですし)

| ヌエベ | 2011/01/09 21:18 | URL |

背中の太刀が所有者のスパークに呼応して強くなるってもの凄く主人公っぽい設定ですね。
デザインもゴルドランなど勇者ロボ1号の合体前みたいでこれが脇役とは思えない。

| なち | 2011/01/12 15:57 | URL |

>さすりゅ~さん
ウイングはマルチ戦隊の方とは特に関係は無く、クリエイターが単純に
「ウイング」という名前を気に入って付けただけだそうです。
ちなみにウイングやダイアトラスの属する「サークルオブライト」というグループでは
刀を用いる武術の鍛練をしており、他のメンバーも皆同じような大刀を持っています。
(ドリフトは部外者なので持っていなかった)

赤色もユナイテッド版の方がコミックの色味に近い気がするので個人的にはそちらの方が好みです。
日本では何の媒体にも出ていないキャラクターなのに、日本発売版トイの方が原作の色に近いというのも
よく考えたら面白い話。

>ヌエベさん
腰の二本の剣は↑でお話ししたサークルオブライトの拠点・ニュークリスタルシティでボディを再構築し
現在のドリフトに近い姿になった際に追加された武器で、それまでの姿や再構築直後は
デッドロック時代と同様二丁拳銃を主に使っています。

| ブラックバーン | 2011/01/12 23:08 | URL | ≫ EDIT

>なちさん
「Spotlight」シリーズ等、特定のキャラに焦点を当てているようなエピソードを除けば
特に主役、脇役という分類は当てはまらない気もしますけどね。
デカくて目立つ剣を持っているので、勇者っぽいと言えばぽいかな?

| ブラックバーン | 2011/01/12 23:11 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://excitingtf.blog35.fc2.com/tb.php/107-dbec9c6b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。