エキサイティング トランスフォーマー!

トランスフォーマーのおもちゃを紹介するblog

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tag :
スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ティーレックス(BEAST MACHINES DINOBOTS)

ティーレックス01
たまには生ビーストもやりたいなぁ…ということで
今回のレビューはビーストマシーンズ・ダイノボッツティーレックス(T-WRECKS)です。


ティーレックス02
ビーストマシーンズと同時期に展開された玩具シリーズ「DINOBOTS」ラインナップとして
発売された「ビーストウォーズ」メガトロン(ウルトラサイズ)の彩色変更品。
ティーレックスはBWメガトロンのウイルス攻撃を生き延びたマクシマル戦士達の一人であり
地球で戦死したBWダイノボットのDNAを元にスーパーコンピュータ・オラクルのリフォーマットを受け
恐竜への変身能力を獲得。新生ダイノボット部隊のリーダーとなります。

余談ですが、リフォーマットされる前のティーレックスが配属されていたマートニアン17地区は
かつてG2コンボイとメガトロンが対決し、破れたコンボイがバトルコンボイへと強化復活した場所としても
知られています。

ティーレックス03
頭部はメガトロンのものと同一。
マクシマル戦士という設定ありきで見ているせいか、特に違和感もなく
善側ロボットとしての面構えに見えてくるのが不思議?

ティーレックス04
初期BWトイの特徴であるミュータントフェイスは明るい成型色になり、モールドが
より判別できるように。CGアニメでのメガトロンには省略されていましたが
ユニバースコミックでのティーレックスの場合は後頭部から生えた翼のように描かれ
戦闘時にバトルマスクとして装着しています。

ティーレックス05
ティーレックス06
両太股側面にハーケン型のミサイルランチャーを装備。
蛍光色のためか、やたら目立ちます。

ティーレックス07
ティーレックス08
左腕はレバー操作で伸縮し、連動してピンチアーム(ハサミ)が開閉します。

ティーレックス09
ビーストモード

その名の通りT-REX(ティラノサウルス)に変身。
実物のティラノサウルスがどんな色をしていたのかは知る由もありませんが
BWメガトロンに比べると何となく「それっぽい」色に見える気も。
やや太めですが、今の目で見ても充分満足のいくディテールです。

ティーレックス10
口を開けると、連動して舌の先端から水を発射するギミックが内蔵。
設定では強酸性のブレスを吐く能力として描写されています。

ティーレックス11
新生ダイノボット部隊

ラプティコン(メタルスダイノボット)、ダイノトロン(BWネオハードヘッド)、トリケラドン(ガイルダート)、
テラノトロン(メタルステラザウラー)、エアラプター(アルカディス)、ストライカー(セイバーバック)、
そしてリーダーのティーレックスで構成。(カッコ内はリカラー元のトイでキャラクター的にはいずれも別人扱い)

ビーストウォーズネオの恐竜型デストロンとトランスメタルの混成というなかなか派手なチームです。
オラクルによるリフォーマットを経て誕生したため、分類上は皆テクノオーガニックということに
なるのかも知れません。

ティーレックス11_2
マグマトロン

カラーリングが変更された他の恐竜型デストロンとは異なり、マグマトロンは日本国内版から
ほぼ仕様を変更されることなくDINOBOTSとして販売されています。
設定もBWネオでのエピソードを踏襲しており、同一人物を思わせる要素が強く
ヴィーコンズに対抗すべくティーレックス率いるダイノボッツと共闘しているようです。

ティーレックス12
歴代BWメガトロンのリカラートイ
(RIDクライオテック、ARMADAプレダコン、BOTCON2010シンダーソアー)

いずれも"BWメガトロンとは別人"という繋がり。

ティーレックス13
「俺はティーレックスだ。サイバートロンのため共に闘おう、よろしく」
「(握手しづらいなあ… 色んな意味で)」

「ビーストウォーズリボーン」では、記憶を無くした状態で目覚めたコンボイが同じく記憶の無い
メガトロンに無意識で右手を差し出したのに対し、メガトロンが右腕(ティラノヘッド)を振りながら
「やめておけ、俺に握手を求める者は腕ごと持っていかれるぞ」と返す場面も。
スポンサーサイト

tag : トランスフォーマー サイバトロン マクシマル ダイノボッツ BEASTMACHINES
BWリターンズ/BEAST MACHINES | 17:02 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

人(ロボットだけども)を顔で判断してはいけないとは言うものの
どうしても千葉繁ボイスでアドリブを連発しそうな面構えだ…
ビーストメガトロンは嘗ての自分とよく似た姿の彼を見てどう思ったんでしょうね

海外のセンスがモロに出た配色といい、元の玩具がデストロンばかりなのと言い
この時期のダイノボットは色々と凄い事になってるなぁ…

| さすりゅ~ | 2010/12/10 21:17 | URL |

No title

BWネオのリペイントが多かったBMダイノボッツに
メガトロンのリカラー、しかもマキシマル側というのは驚きでした。
ちゃんと別人に見えるから配色って大事なんだなぁ~、なんて思ったりw

BWメガトロンのリカラートイって以外と多いんですね。
クライオテック以外はどれも凄い色だw


| つくも | 2010/12/10 22:44 | URL |

この時期ってアニモーフやミュータントビーストとかもあって何やらお祭り状態と言うかんじでしたね。

ダイノボッツはみな派手目なカラーの中、元と変わらないマグマトロンが浮いてる。

| ヌエベ | 2010/12/15 20:58 | URL |

>さすりゅ~さん
派手な色使いが多いせいか、G2期の雰囲気に近いような気もしますね。
メガトロンvsティーレックスの対決はコミックでは実現しませんでしたが
一度見てみたいですね。

>つくもさん
BWメガトロンの変形トイはBWリターンズ・ドラゴン版を除いたほぼ全てに
何かしらのカラーバリエーションが出てたりします。
BWコンボイもそうですが、とにかくモデルチェンジの多いキャラですし^^;

>ヌエベさん
ミュータントビーストは今のところ手をつけていないですが
そちらもいずれ揃えてみたいです。出来も良さそうですし。

| ブラックバーン | 2010/12/31 02:31 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://excitingtf.blog35.fc2.com/tb.php/105-05810171

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。