エキサイティング トランスフォーマー!

トランスフォーマーのおもちゃを紹介するblog

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

キャットスキャン(BOTCON2002)

キャットスキャン01
今回はBOTCON2002限定・キャットスキャン(CatSCAN)をレビュー。


キャットスキャン02
ビーストマシーンズ・ナイトスラッシュチーターの仕様変更品で
BOTCON2002の限定品として発売。

レッカーズの宇宙船に侵入したデフコンとの乱闘で負傷してしまったフラクティルを修理するため
エイプリンクが医療用コンピュータの人工知能と自身の3Dホログラム実体化能力を応用して誕生させた
修理用ロボット。TFの生命の核となるスパークを持たないため、ヴィーコンに近い存在と言えますが
人格を備えており、ものを考えたり言葉を話すこともできるようです。

なお「キャットスキャン」という名称はネコ(Cat)と医療機器のCATスキャン(=CTスキャン)をかけた
ダブルミーニングとなっています。

キャットスキャン03
ナイトスラッシュチーターからの変更点

ちょっとわかりづらいですが、左胸にG1オートボットエンブレムがモールドされています。
(黄色い○印の部分)

キャットスキャン04
胸のハッチ内部は金メッキに。
ハッチを閉めると赤いクリアパーツの下でうっすら光って見えるようになっています。

キャットスキャン05
キャットスキャン06
キャットスキャンのメカニカル感を強調するかのように、ボディ各所には
夜光塗料で電子回路のようなパターンがプリントされています。

キャットスキャン07
キャットスキャン08
両肩のスイッチを押すとスプリングギミックにより剣が自動的に手に収まります。
更に背中のスパーククリスタルを押すと両手がバタバタ動き、剣を振るアクションギミックを内蔵。

キャットスキャン09
背部のスパーククリスタルは黒っぽくなっており、モールド等は視認できません。
こちらによれば、内部には水色のBMマクシマルズスパーククリスタルが組み込まれていて
クリアパーツ同士の色の相乗効果で黒っぽく見えているようです。偶然かどうかはさておき
「スパークを持たない」というキャットスキャンの設定をうまく表現しています。

キャットスキャン10
ビーストモード

ネコ科動物で紅白のカラーリングというのもなかなか珍しいような。

キャットスキャン11
キャットスキャン12
UNIVERSE・ナイトスラッシュチーターと。
アニメ版チーターのイメージに近付けたUNIVERSE版ナイトスラッシュとは対照的に
キャットスキャンはG1ラチェットを思わせる配色に。

キャットスキャン13
そして変形!ヘンケイ!ラチェットと。
同じ医療担当としてカラーリング的に通じる物がある?

キャットスキャン14
箱の内側

箱を開けると、CGイメージ風のキャットスキャンがレンチキュラー処理(角度によって変化する絵)で
浮かびあがるようになっています。

キャットスキャン15
キャラクターバイオ

スパークを持たないにも関わらず生命を宿した自分の"意識"が何処から来るものなのか
その答えを見つけたいと望んでいるようです。リペア要員として生まれただけあって
性格は穏やかで良識派であるとの事。
スポンサーサイト



tag : トランスフォーマー サイバトロン オートボット ボットコン UNIVERSE レッカーズ
BOTCON2002 | 00:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT